ますだの気まぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたに「ある戦慄」が襲う

<<   作成日時 : 2009/10/20 09:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


まだ若かりし頃、テレビで偶然観た映画が、その題名のごとく「ある戦慄」が私を襲い、忘れられないものとなりました。
それが、WOWOWで、放送されます。

「ある戦慄」(1967)ニコラス・E・ベアの脚本を「わかれ道(1963)」のラリー・ピアースが監督した異色サスペンス。
ニューヨーク・ロケを行い、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はテリー・ナイトが担当した。出演は舞台・TVで活躍している新人トニー・ムサンテ、舞台出身でTV『ルート66』のマーティン・シーン、同じく舞台出身でTV『コンバット』のボー・ブリッジス、他。(by goo映画)
WOWOWの解説文によると、「深夜、NYの地下鉄の同じ車両に偶然乗り合わせた人々が2人組のチンピラから執拗な嫌がらせを受け、戦慄の恐怖を味わう様子を迫真のタッチで綴った、知る人ぞ知る衝撃作。」とあります。
中でもボー・ブリッジスの演技が秀悦だったと記憶しています。

現代の日本でも、起こりうる事件だとも思います。
今日でも、あなたが出会ってもおかしくないでしょう。
そんな事件を、リアリティたっぷりに描いていきます。

私の師匠の一人である森崎東監督が、私が観ていることを知らずに、訥々とこの映画の面白さを語ったことも思い出されます。

また、ビデオ、DVD化もされていないようです。

是非是非、騙されたと思って観てやって下さいまし。

放送は、11/9(月)午後4:50よりWOWOWにて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あなたに「ある戦慄」が襲う ますだの気まぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる